明治時代 Meiji Period

明治天皇が即位された1868年から崩御された1912年までは「明治時代」と呼ばれています。

The time period between 1868 when Meiji Emperor was enthroned and 1912 when he demised is called, “Meiji Period”.

新世界秩序が支配するであろう2030年代までの新たな時代に適応するため、明治時代に日本は知識、技術、文化的なものを西洋からかなり積極的に取り入れました。

To accommodate with the new time current which the New World Order would rule until sometime in the 2030s, Japan took in the knowledge, technology, and cultural things so actively from the West during Meiji Period.

また、人々の意識がこの時代頃に変化し、西洋では新思想、日本では新宗教が登場し始めるようになりました。

Also, people’s mind had changed in around this time period, and people started to follow New Thought in the West and the new religions in Japan.

もっとも、明治憲法28条は恰も臣民が信教の自由を有していたかのような記載をしていたものの、帝国政府は政府方針に反する教義を持つ宗教団体を弾圧しました。

However, despite the Article 28 of Meiji Constitution was written as if the Subjects had the Freedom of Religion, the Imperial Government oppressed those religious organizations whose doctrine in some way contradicted the government’s policies.