江戸時代 Edo Era

天下人の地位に就いた徳川家康は1603年に朝廷に対して征夷大将軍に任命するように要求しました。

Being in the position of ruling over all the domains in Japan, Ieyasu Tokugawa requested that the dynasty appoint him Seii Great Shogun in 1603.

そして、同年に幕府を江戸に開き、江戸時代が幕を開けました。

He established Bakufu in Edo in the same year, and Edo Era started.

ちなみに、1573年に室町幕府が滅んでから江戸幕府が開かれるまでの30年間は「安土桃山時代」と呼ばれています。

By the way, the 3 decades between when Muromachi Bakufu ended in 1573 and when Edo Era started is called, “Azuchi Momoyama Period”.

初代将軍となった2年後に徳川家康は子の徳川秀忠を2代将軍としましたが、そのまま幕府の実権は握り続けました。

Although Ieyasu Tokugawa made his son, Hidetada Tokugawa the 2nd Shogun 2 years after he became the 1st Shogun, he kept the actual power of Bakufu.