大航海時代 The Age of Exploration

日本が16世紀に戦国時代を迎えていた中、ヨーロッパは大航海時代を迎えていました。

During Japan’s Warring States Period in the 16th Century, Europeans were at the Age of Exploration.

戦国時代中期まで伝統的な合戦が繰り広げていましたが、当時世界中に植民地を広げていっていたヨーロッパから新たな情報やゲームチェンジャーとなった火縄銃が入って以降、新たな戦法も取り入れられていきました。

Although Samurai were fighting in the traditional way until the mid-Warring States Period, they had taken in the new weapons and tactics since the Europeans who had been spreading their colonies throughout the globe at the time brought in the new knowledge and matchlocks, the game changer technology.

この点、当時国際通貨として銀が使われており、日本では戦国時代中期から全世界の採掘量の3分の1もの銀が採掘されていたため、多くの高価な物をヨーロッパから輸入できる状況にありました。

Since the international currency used at the time was silver, the third of which in the world had been being mined in Japan after the mid-Warring States Period, the Japanese could import so many precious things from the Europeans.

ポルトガル船が1543年に種子島(鹿児島県)に漂着した際、領主の種子島時尭ポルトガル人が持っていた火縄銃に興味を持ち、2艇を現在で2億円相当の金銭を支払って購入しました。

When a Portuguese ship accidentally drifted ashore on Tanegashima Island (Kagoshima Prefecture) in 1543, the lord, Tokitaka Tanegashima got interested in the matchlocks they had, and he paid the money equivalent to 200 million yen today to buy 2 of them.

そして、種子島時尭は火縄銃を量産するため、そのうち1艇を分解して研究するよう日本の優秀な刀鍛冶に命じました。

To mass produce them, he ordered Japan’s excellent swordsmiths to dismantle one of them to do thorough research.

そこで培われた日本製火縄銃を量産する技術は後に堺(大阪府)などの商業都市に伝えられていきました。

The skill cultivated there to mass produce Japan’s matchlocks later had been used in the commercial cities like Sakai (Osaka Prefecture).