探題 Tandai

御家人は朝廷軍に圧勝しました。

Samurai in Kanto Area overwhelmed and defeated the dynasty’s troop.

その結果、1239年に薨去されるまで後鳥羽上皇隠岐島根県)に流されることになりました。

Consequently, until he demised in 1239, Gotoba Abdicated Emperor had been sentenced banishment to Oki Island (Shimane Prefecture).

1221年に承久の乱を収めた幕府は都の守護の力を強化するとともに、「探題」という新たな機関を都の六波羅に置きました。

As soon as the Revolt of Jokyu was over in 1221, Bakufu gave a lot more power to Kyoto Shugo and also put the new office called, “Tandai” in Rokuhara in the capital.

探題は奉行の力をさらに強化した機関でした。

Tandai was much more empowered Bugyo.

後に探題は1276年に長門山口県)にも置かれ、九州の奉行は1293年に探題に昇格しました。

Later, another Tandai was put in Nagato (Yamaguchi Prefecture) in 1276, and Bugyo in Kyushu Island was upgraded to Tandai in 1293.

鎌倉幕府がより一層権威的になっていくのは秩序を維持するために避けられないことでした。

To keep order, it was inevitable for Kamakura Bakufu to be increasingly more authoritarian.